· 

猫ちゃんの歯について

こんにちは。

本日ブログを担当させて頂きます。動物看護士の川津です。

本日は猫ちゃんの歯について少しだけ書きたいと思います。

 

 

猫ちゃんの永久歯は30本

猫ちゃんの歯の本数は、全部で30本です。内訳は、切歯3/3(上顎片側/下顎片側)、犬歯1/1、前臼歯3/2、後臼歯1/1となります。これは、歯が生え変わった後の永久歯の本数で、乳歯は、切歯3/3、犬歯1/1、前臼歯3/2の全部で26本です。

ちなみに、人は切歯2/2、犬歯1/1、小臼歯2/2、大臼歯3/3の全部で32本です。

 

 

猫の歯は、人間の歯と同じように歯髄・象牙質・エナメル質の3層からなっています。最も中心部分は、神経や血管が集まる歯髄。それを囲むのが象牙質。さらに表面は硬いエナメル質で覆われ、とても丈夫にできています。

そして、この歯を支えている部分を歯周といい、歯周は、歯肉・歯槽骨(しそうこつ)・歯根膜(しこんまく)・セメント質で構成されています。歯と歯肉の間に数ミリ程度の溝がありますが、これがいわゆる歯周ポケットです。

ここに歯垢や、歯垢が唾液中のミネラルと結合して固くなった歯石がたまると歯周組織に炎症が起こり、この状態を「歯周病」といいます。

猫は、人と比べると歯周病になりやすいと言われています。その理由は、口内環境の差にあります。人の口内が弱酸性なのに対し、猫はアルカリ性。アルカリ性の環境下では、虫歯菌が発生しにくく、歯周病菌が繁殖しやすい環境なのです。反対に、酸性の環境下では虫歯菌が繁殖しやすい環境と言えます。

歯が抜け始める年齢は?

高齢になってみられる症状といっても、歯や口の異常は、年齢以外に体質や全身性の病気による影響なども多く受けるため、とくに何歳から多くなるということはないと言われます。猫ちゃんの小さな口を確認するのは難しいとは思いますが、出来るだけこまめに確認をするようにしましょう。シニア期とされる7、8歳以降、とくにハイシニアとなる10歳以降は気を付けてみてあげましょう。

歯周病

3歳を超えたワンちゃんやネコちゃんは、80%の高確率で歯周病があると言われています。

 

症状の出方は様々で、

 

・歯肉が赤くただれている

・触ると出血する

・口の中がくさい

・よだれが出ている

・痛そうにしている等

 

猫の歯周病

歯周病は、歯に付着した細菌やその細菌が出す毒素によって歯肉や歯周組織に炎症が起こる病気です。歯肉の赤みや腫れなどの歯肉炎に始まり、徐々に症状が進行して歯周炎になると歯茎からの出血や、歯がグラグラする、抜けるなどの症状が見られます。その他、強い口臭やよだれ、痛みによる食欲低下、鼻水、くしゃみ、顔の腫れや膿が出るなどの症状が起こることもあります。

 

上記の症状がある場合には早めに病院で診てもらいましょう。

見た目に問題が無くても、歯や顎の骨に大きなトラブルを抱えている場合があります。

 

現在動物病院川上では9月1日より先着50名様限定の秋の歯科キャンペーンをしておりますので

 この機会に是非ご利用下さい。