猫の皮膚の病気

皮膚糸状菌症(カビ)

初期には小さな円形や楕円形の脱毛が1か所~数か所に

見られます。

子猫に多く、悪化すると全体的に脱毛し人や

同居動物に感染する恐れがあります。

脱毛部位にブラックライトを当てると白く光ります。

野良猫との接触で感染することもあります。

 

あごニキビ(アクネ)

猫にとても多いあごノキビ。

あごの下が脱毛し赤色や黒色のブツブツができます。

一度症状が治まっても、何度も繰り返し発症することがあります。

あごには舌が届かないため、飼い主さんのケアが必要です。

アレルギーやストレスで発症することも。

皮膚炎

細菌やノミ・ダニ、アレルギー、ストレスなどが

原因で発疹がでる病気。

皮膚が赤くかぶれ、頻繁にかつ力を込めて

毛づくろいをすることがあります。

お腹に赤い湿疹が出ている状態。

フィラリア症

フィラリアは犬の心臓に寄生する虫として

知られていましたが

近年 猫にも感染することがわかっており、

症例数も増えています。

感染すると重症になる事が多いです。