猫の爪切り

爪が伸びているときはこんなケガに注意!!!!!!!!

 

引っかけて爪を折ってしまう

猫がカーテンなどの布製品に飛びつき、爪が引っかかって折れたり剥がれたりすると、

出血してしまうことがあります。

また、カーテンに爪が引っかかって宙づりになってしまった場合は、

猫が暴れて足を脱臼してしまう恐れもあります。

 

顔にひっかき傷を負う

猫は後ろ足を使って、耳の後ろなどの頭部をかきます。

そのため、後ろ足の爪が伸びていると皮膚に爪が刺さり、

自分の顔を傷つけてしまうことがあります。

 

同居猫を傷つける

同居猫がいると、猫同士で激しくじゃれ合うこともあります。

爪が伸びていると、猫のパンチが相手の目元に命中したとき、

瞳の表面を傷つけてしまうことがあります。

 

シニア猫は巻き爪にも注意

猫は高齢になると爪とぎの回数が減るため、古い層が剥がれずに分厚くなり

伸びた爪が肉球に刺さって痛みが生じることも。

この場合は、動物病院での処置が必要となりますので注意してください。

 

ケガ防止のためには、月1回を目安に爪を切ろう!