お盆とお彼岸

もうじきお盆ですね。

お盆は新暦の8月15日えお中心として行われる

ご先祖様の霊を迎え入れる行事でご先祖様や

亡くなった人たちの霊が家に帰ってくると言われており

先祖の魂を迎える事を目的としているそうです。

一般的には13日に霊を迎え16日に故人の霊を見送ります。

又、お彼岸は 彼岸(ご先祖のいる世界)と

此岸(私たちが生きてる世界)が近づくとされる春分の日、

秋分の日を中心とした7日間に行われる行事です。

彼岸(ひがん)と此岸(しがん)が最も通じやすくなり

一般的には中日と言われている春分の日

秋分の日前後お墓参りをします。