しっかりとした予防が大切

暖かい季節に気を付けたい3大寄生虫

 

ノミ

 ノミは草むらだけではなく、室内のカーペットやソファなどに生息し、犬の体に飛び移って寄生します。

 ノミが吸血した際の唾液によるアレルギー反応で、『ノミアレルギー性皮膚炎』を発症することがあり、

 かゆみや赤み、湿疹、脱毛などの症状があらわれます。

ダニ

 ダニが原因で犬によくみられるのが「マダニによる寄生」です。

 マダニは犬の体温や二酸化炭素に反応し体に飛び移り、目や口、肛門周りなど、

 皮膚の薄い部分に寄生して吸血します。

 かゆみは少ないものの、皮膚炎をおこしたり、数が多いと貧血になったりすることも・・・・

 さらに、ミミヒセンダニが耳道に寄生する「耳疥癬省(みみかいせんしょう)」も犬に多い病気です。

 黒い耳垢が特徴で激しいかゆみで、耳をしきりにかいたり、頭を振ったりといったしぐさがみられます。

蚊(フィラリア症)

 蚊がもたらす病気といえば、フィラリアにかんせんした蚊に吸血されることで犬が感染する

 『フィラリア症』があります。

 フィラリアの成虫は犬の心臓にすみつくため、感染すると、心臓の機能が低下し、

 咳が出たり運動を嫌がったりすることも。

 重症化すると命の危険もあるため、注意が必要です。