· 

熱中症にご注意!

こんにちは、本日ブログを担当させて頂く看護士の川津です。

暑い日が続いておりますが皆様体調等崩していないでしょうか?

今年は7月下旬~9月は、平年並の暑さと厳しい暑さを繰り返す見通しらしいです。特に“猛暑”となるタイミングは、今(~7月いっぱい)と8月下旬~9月上旬の2回とみられています。この暑さの鍵を握るのは、太平洋高気圧とチベット高気圧という事です。

暫くの間は屋内、屋外共に熱中症対策をしておかないと人も動物達も体調を崩してしまう恐れがありますので、出来る限り喉が乾いたと思う前に水分補給やペットをお家に置いてお出かけの際は部屋のクーラーを使い部屋の気温が高くなり過ぎないようにしてあげるといいかと思います。

基本的に犬は大きさには関係なく、暑さに弱い動物です。

特に暑さに弱いと言われている犬というのは、顔が潰れているタイプのパグ、フレンチブルドックやチンなどの犬種は特に気をつけなくてはなりません。これらの犬はほかの犬に比べると頭が小さく短い体形をしています。そのため頭部の気道が短く、空気が気道を通るときに体温をさげる効率が悪いのです。

 

その他にも肥満と思われる太ったワンちゃんは体脂肪が多いため熱の発散がうまくいかない事があります。また心臓が弱ったワンちゃんも暑さにはダメージを受けやすく、これらのワンちゃんは特に注意をして暑さ対策をする必要があります。

犬に比べると猫ちゃんの方が暑さに対しては強いと言われています。しかし猛暑の間はゼーゼーと舌を出して苦しそうな状態になることもしばしば。一見自由に動き回れる猫ですが、やはり夏の間はしっかりと飼い主様が暑さ対策をしてあげましょう。