ジャポニズム

中島です。 

19世紀後半、日本の美術が、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを魅了し”ジャポニズム”という現象が生まれたそうです。なかでも浮世絵師葛飾北斎の影響は大きく、モネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホなどの絵画、版画や彫刻家などにも影響を与えたそうです。本などで見る有名な西洋の絵画が日本の浮世絵の影響を受けていたのは驚きでした。