· 

動物健康保険に入りましょう!!または積み立て貯金を始めましょう。

どうぶつ健康保険証
アイペット動物健康保険証

動物の健康保険に入りましょう。もしくは貯金をしましょう。

 

動物病院の獣医師という仕事をしていると、たまに「高いわねぇ」、「経済的に治療は難しい」というお言葉を頂戴します。

 

おっしゃる通りで肩身の狭い思いをします。

 

しかしながら、動物医療はお金がかかります。それは人医療の小児科に似ているかも知れません。患者(動物さん)は普通はあまり治療や検査に協力的ではないので、どうしても看護師さんに支えてもらったり、手伝ってもらったりしなければなりません。また使っている道具や薬もほとんどが人用のもので、動物用のものはごく僅かです。また動物用のものは、人用よりも高い場合が殆んどです。

 

ですので、人医療と同じくらいの値段になってしまいます。それでも手術費用などは人医療と比べて遥かに安くはしているのですが・・・

 

では、人間の病院や歯医者さんと比べて動物病院が何故高くなるのか?・・・それは健康保険です。

日本は大変恵まれた国で、国民皆保険といって、みんなが健康保険に入っています。そして皆が出し合った健康保険料と国の支援で医療費は3割負担以下で済みます。

 

また高額療養費制度でどんなにお金がかかっても、一か月の医療費は10万円が限度です。

それ以上は健康保険がカバーしてくれます。

 

人間の病院や歯医者さんは、動物病院よりも安いように思えますが、皆さんは毎月、健康保険料として既にお金を負担しているのです。

 

以上は動物病院が高く感じる言い訳でしたが、本題はこれからです。

 

実際に動物達の体調が悪い時に、経済的な理由で検査や治療をためらったり、諦めたりするのは本当に残念な事です。それは動物達もかわいそうだし、「お金のせいで治療を受けさせられなかった」、と思う飼主さんの気持ちも悲しいものです。

 

そうならないように動物健康保険に加入されるのをお勧めしています。

 

特にある程度お年をとった動物達なら、年齢制限にひっかからなければ、動物健康保険がお勧めです。貯金では間に合わないかもしれませんから・・・・

貯金箱

さて、新しく赤ちゃんのワンちゃんネコちゃんをおウチに迎えた場合は、毎日100円貯金という手もあります。

 

学校から帰ってきたら、仕事から帰ってきたら、家事で疲れたら、動物達との暮らしで皆さん、いくらか心がほぐれたり、幸せを感じたりされるでしょう。それは彼らの役割でもあり、仕事でもあります。その能力に報酬をあげてください。毎日100円、1年で36500円、10年で365000円、20年で730000円。

 

ちなみに1日100円というのは理由があります。毎日の積み立てですから、あまり大きな額だと負担になって長続きしません。これくらいなら・・・・と軽く思える額が長続きするコツです。

 

この貯めたお金から病気になったり、怪我をした時の治療費を出してください。そしていつか大往生した時には余った貯金は、上手に育てた飼主さんへのご褒美ですから、海外旅行でもショッピングでもしてください。

 

是非、いざという時に困らないように今から備えてください。