僧帽弁閉鎖不全症について

咳をする犬

犬の僧帽弁閉鎖不全症は犬の心臓病として最も有名な病気です。

チワワやマルチーズ・トイプードル・シーズーそのほか小型犬がなりやすいですが中・大型犬でも発症します。

またキャバリアの子は90%の確率で高齢になると発病します。

 

心臓病は普通の血液検査ではほとんどわかりません。

レントゲンや心臓のエコー検査、聴診や身体検査によって診断します。

 

僧帽弁閉鎖不全症は左心房と左心室の間にある部屋を分ける弁です。

心臓の絵

ここの弁が加齢に伴い完全に閉じなくなります。

すると一度左心室に入った血液が隙間から左心房に戻ってしまいます。

肺から戻ってきた血液と合わせて左心房は大きくなり、全身に流れる血液は少なくなってしまいます。

心臓の絵

この段階では全身に流れる血液量が減り、少しの運動でも血液が足りない状態になってしまいます。また心臓が大きくなって胸の中の気管を叩き咳が出やすくなります。

拡大した心臓

さらに病状が進むと逆流してきた血液を受け止める場所がなくなります。最終的に空気交換をするための空間がたくさんある肺に血液が滲みだしてきますきます。

 

肺は酸素を吸収して二酸化炭素を出す場所ですから、この穴に血液が滲みてくると酸素交換がうまくできません。陸にいながら溺れている状態になります。

この状態は救急の状態で、一刻も早く病院に行く必要があります。

 

 

 

以上、犬の僧帽弁閉鎖不全症について概要を説明してきましたが、ここからは治療の話です。

僧帽弁閉鎖不全症では早くから治療を行うことで、進行を遅らせ、余命を長くできると報告されています。

フォルテコールの効果
フォルテコールの効果

心臓病の初期では薬は1種類で済みますが、病状の進行に伴い使用する薬の種類は増えていきます。但し、利尿薬については十分に注意する必要があります。なるべく利尿薬に頼らない処方が求められます。それは利尿薬が腎臓に負担をかけるため、心臓病の治療をしていたら腎臓病を併発したという事が起こりやすいからです。

 

心臓病は基本的に血液の循環量を減らす治療を行いますが、腎臓病では血液の循環量を増やす治療を行う場合があります。つまり、心臓病と腎臓病を併発すると、そのバランスを取りながら治療しなくてはならなくなります。非常に難しい事です。

 とは言え、救急状態では、そうは言ってられないので利尿薬を使用することはあります。

 

 ところで、もう一つ大事なことがあります。それは「本当のホームドクターは飼い主の皆様である」という事です。獣医師は動物の病気について詳しいし、専門の勉強もしています。レントゲンやエコー検査、血液検査、身体検査を駆使してより良い治療を行うために頑張ります。しかし外来であれば15分~30分、入院でも数日~1週間の付き合いです。

10年近く一緒にいる飼主様が見る、その子の様子は何より貴重な情報になります。

 是非、治療中も普段の様子を獣医師に伝えてください。宜しくお願い致します。

体型に対する余命

最後におまけですが、僧帽弁閉鎖不全症の犬の診断後の体重経過を太った犬、やせた犬、変わらなかった犬で経過を追ったところ、太った犬が一番長生きだったというデータです。

注意したいのはやせた犬も体重が変わらなかった犬よりも長生きだったことで、一概に「太ればよい、やせてよい」とは言えないですが、「心臓病=やせないと心臓に負担がかかる」とは言えないという事です。体重管理については獣医師と相談した方が良いですね。