予防獣医療について

ワクチン

予防にはいくつかあります。

 

1年に1回の混合ワクチン、フィラリア予防、ノミダニ予防、ワンちゃんでは更に狂犬病ワクチンです。順に説明していきます。

 

混合ワクチン

 混合ワクチンは法律で決まっているものではありませんが、ワンちゃん、ネコちゃん同士で流行っている病気の予防です。人間でもインフルエンザの注射を打ったり、小さい子にはいくつかのワクチンを打ちますよね。そういう意味では非常に大事な予防になります。そもそも混合ワクチンで予防している病気は診断が難しく、また特効薬もありません。ですから予防が大事なのです。

 近年、アジア獣医師会などから「必ずしも年に一回でなくてよい」とのガイドラインが出て、飼い主様・獣医師お互いに混乱している状況があります。

 当院の考えでは、幼児期の2回ないし3回のワクチン接種は必ず必要です。それは幼児期の体力の非常に低い状態で感染症に罹る事は命に係わるからです。また1歳になってからの追加接種も重要です。免疫細胞も反復学習が必要だからです。2歳以降の追加接種についてですが、実はガイドライン上でも無条件に3年に1回で良いと言っているわけではありません。「病気に対する抵抗力を血液検査で調べて、基準値以上であれば打たなくて良い」と言っているのです。しかしこの検査は費用が高く、ワクチン接種よりも高くなる場合があります。またある研究では毎年接種していても基準値以上にならない子がいます。基準値を超えない場合は追加接種ですから、飼主様にも、ワンちゃん・ネコちゃんにも余計な負担がかかってしまいます。更に、日本ではトリミングやドッグラン、ホテルなどで年に一回のワクチン接種を条件にしています。

 以上の事から当院では現在の状態では年に一回のワクチン接種を薦めています。

 

狂犬病ワクチン

 狂犬病ワクチンは狂犬病予防法という法律で接種が決まっているワクチンです。国内発生は60年以上ありませんから、ワンちゃん自身には罹る危険性は極めて低いものです。しかし法律で決まっているので打たなければなりません。なぜ法律で決まっているか、それは日本では発生はありませんが、世界全体でみれば今なお、現役の病気であり、一度発症したら100%死亡する恐ろしい病気だからです。

狂犬病

お隣の中国、朝鮮半島、ロシア、アメリカも狂犬病発生国です。国際化した現代ではいつ国内発生が起きてもおかしくはない状況です。

 

 また万が一、おうちのワンちゃんがよその子を噛んでしまった場合、狂犬病ワクチンを打っていないと、話がこじれる場合があります。

 そのような場合に備えて、やはり打つべきワクチンだと考えます。

 

 

 

ノミ・マダニ予防

 ノミ、マダニ予防は基本中の基本です。やはりやっておいた方が絶対にいいですね。

よく「ノミがついたら、マダニがついたら、その時に薬を買いに来るよ」とおっしゃられる飼主様がいます。ダメではないですが、あまりお勧めしません。

 1つはノミ・ダニが感染症をもたらすこと。

バベシア症
ノミ予防

 

また上にもありますが、ノミの吸血による痒みから→ノミアレルギー性皮膚炎→アトピー性皮膚炎と進行することもあります。

 

ノミの卵
ノミのライフサイクル

 

当院ではなるべく動物達の負担が無いようにワンちゃんにはご褒美になるくらい美味しい予防薬を、グルメな猫ちゃんは付けるタイプのお薬をお勧めしています。

 

フィラリア予防

 実はネコちゃんもフィラリア予防はした方が良いのです。東京都国立市の研究では何と、ネコちゃんの10%が感染したことがある、という事実が分かりました。しかしネコちゃんは犬と違い、フィラリア症の診断が非常に難しく、また症状も分かりにくく、急に呼吸を苦しそうにして突然死してしまうことが多いのです。東京都ですら、10%も感染しているのですから、ここ、栃木県ではどれくらいなのでしょうか?

是非猫ちゃんもフィラリア予防してください。

 

 さて犬のフィラリア症予防は「夏に飲むやつ」、「蚊の薬」として有名です。

フィラリアのライフサイクル

 

 フィラリアは既に感染しているワンちゃんの血を吸い、その中で育ち、もう1回蚊が血を吸うときにワンちゃんの体の中に入ります。そして体の中で栄養をもらって3~4か月すると成虫となって心臓に住み着き、心臓病になってしまいます。

 

 ですから蚊がでたら飲むで間違いはないわけです。ですが、多くの方が薬の効き方を勘違いしています。

上のように考えてらっしゃると思います。ですから9月や10月くらいになると、「もう蚊はいないよ」と考えてしまいます。

 

本当は↓こうです。

 

だから10月をフィラリア症予防薬の最後にしてしまうと

↓のようになってしまいます。

体内に入った幼虫は3から4か月で成虫になります。来年の4月や5月から始めても、「時すでに遅しです」

 ちなみに成虫の感染がある状態でフィラリア予防薬を飲むと犬が死んでしまうことがあります。

 薬の能書にも書いてあるのですが、血液検査で感染してないことを確認する必要があります。去年しっかり予防薬を飲んでいてもわかりません。もしかしたら、飲んだフリをして何処かに隠しているかも知れません。製薬会社が間違えて有効成分を入れ忘れているかも知れません。お腹の病気でうまく薬を体に吸収できなかったかもしれません。

 

 予防薬でワンちゃんが死んでしまってはやり切れません。なるべく検査を受けましょう。

 またどうせ、チクっと痛いなら合わせて健康診断の血液検査もお勧めします。何もないうちから検査を受けるのが大事なのです。

save pet project
ノミダニフィラリア.com
ゾエティスフィラリア
プロハート12
猫のフィラリア症
猫 フィラリア