クッシング症候群について

クッシング症候群(別名:副腎皮質亢進症)は、

犬に多いホルモンの病気です。

 

 

8歳以上の高齢犬に多く、プードル・ダックス・ボクサー・ビークル・ボストンテリアによく見られます。

 

 

副腎というホルモンを出す臓器が過剰に働くことで発症します。

 

 

副腎は、脳の下垂体から指令を受けてコルチゾールというホルモンを作ります。

下垂体に腫瘍ができたり、副腎自体が腫瘍化する事によって

コルチゾールが過剰に分泌され、以下の症状がみられます。

 

 

 

 

・水をたくさん飲む

・尿の量が増えた

・ビール腹が気になる

・左右対称の脱毛

・呼吸が荒い

・無気力

 

 

 

 

クッシング症候群は血液検査・超音波検査・特殊検査等で診断が可能です。

早期発見・早期治療で上手にコントロールが出来る病気です。

 

 

 

 

当てはまる症状がみられたら、当院にご相談ください。