狂犬病について

 

皆さんは毎年狂犬病ワクチンを打っていますか?

 

 

 

狂犬病は怖い伝染病の一つです。

人間を含む哺乳類すべてが感染し、

発症するとほぼ100パーセント死亡します。

 

 

 

我が国では現在は発生してはいませんが、

東南アジアやアメリカなどではいまだに発生している地域もあります。

 

 

 

狂犬病ウイルスは、感染犬に噛まれることにより

ウイルスが神経まで到達して発症します。

 

 

 

 

主な症状は

 

・音に過敏になる

・怒りやすくなる

・水の音を怖がる

・意識が遠くなる

 

など、様々なものがあります。

 

 

 

なお、発症してしまうと、治療方法はありません。

 

 

 

現代では日本には無い病気ですが、

いつ海外からウイルスが侵入してくるかわかりません。

 

 

 

狂犬病予防で一番大事なことは、みんなで予防することです。

 

 

 

狂犬病を国内に蔓延させないために、

みんなで狂犬病予防ワクチンを打って集団免疫をつけましょう!!!

 

 

 

 

四月からは狂犬病予防接種月間です。

当院でも取り扱いしておりますので、お気軽にご相談ください。