胃捻転・胃拡張症候群

 

 

 

 

 

名前の通り胃がねじれたり、拡張することにより

いのちにかかわる病気です。

 

 

 

 

 

 

 

グレート・デーン

 

ワイマラナー

 

ジャーマンシェパード

 

ボルゾイ

 

 

など、胸が深い大型犬に発生が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

症状は食後すぐに見られ、

 

 

・流涎

 

・吐き気があるが吐けない

 

・腹痛

 

・ぐったりしている

 

 

など、目に見える急性症状が起こります。

 

 

 

 

 

 

胃が膨らむことにより全身の循環が悪くなり、

最悪の場合死に至る怖い病気です。

 

 

 

 

 

 

 

この病気を起こさない為には、

 

 

 

・早食いを防ぐ

 

・食事回数を複数回にする

 

・食後の激しい運動を避ける

 

・ストレスをなるべく減らす

 

 

 

これらの事柄を心がけましょう。