しつけについて

しつけ

 しつけはなかなか難しいものですね。なかなか覚えてくれなかったり、そもそも何をしつけたら良いのかなどなど。。。。

 

 一般的にしつけと言うと「お手、お座り、伏せ、待て」です。これらのうち、お手はあまり必要ではないかも知れませんが、お座り、伏せ、待ては重要です。

 お座りはジッとしていて欲しい時に、待ては指示を保つために有用です。伏せもジッとしていて欲しいときに使いますが、実は体を低くすることで犬は本能的に「飼主さんに逆らいません」という気質が出来ます。これは非常に大事な事です。なぜなら、しつけのトラブルでもっとも多く、深刻に飼主様を困らせるのは「咬む」ことだからです。

 

 さて、お手、お座り、伏せ、待てについてはとにかくオヤツを使いながらコツコツと進めていくことが大事です。といっても肩肘張って真剣にやると長続きしません。一日5分程度、ワンちゃんとのスキンシップのつもりで進めてください。

 

 本屋さんで簡単なしつけの本を購入するのも良いでしょう。ただし、しつけの本は1冊、もしくは同じ著者のものを選ぶようにして下さい。

 

 しつけと言うのも奥が深いもので、それぞれのドッグトレーナーはそれぞれ考え方が違います。違う考え方のもと、しつけをされてはワンちゃんは混乱してしまいます。

 

 また本を選ぶときは何となく自分に合いそう、、、で決めてもらって構いません。しかし、基本的に褒めるタイプのものを選びましょう。

 

 未だにドッグトレーナーの中に、厳しく行うしつけを薦める方がいますが、プロであれば上手くできるでしょうが、一般の方には難しくかえって人を怖がって咬むワンちゃんになってしまいます。

 

 人に攻撃性を示すワンちゃんには二つのパターンがあります。気質として非常に攻撃的なパターン(たまにしかいない)と怖くてしょうがないから咬むパターン(ほとんどこれです)。

 

 もとから攻撃的な子は、正直、私にはどうしたらいいか分かりません。しかし多いパターンの「怖いから咬む」には対策があります。

 怖いから咬む子は咬む前に、前兆があります。いきなり咬みつきに来ることはなく、何かをしようとするとまず背中を丸めたり、後ずさったり、顔を怖くして歯を出したりします。

 それ以上、何かをしようとすると「嫌なのに、怖いのに、、、、、、それでも止めないなら!!」という事で咬みつこうとします。ですからそれ以上しなければ咬みつかれないのです。

 しかし実際にはリードを付けようとすると咬む、抱っこしようとすると咬む、治療のための薬をつけようとすると咬む、という事があります。これらは日常生活で出来なければ、一緒に生活するのが困難になる場合があります。

 

 ではどうするか?急に直すことは出来ないので、少しずつ馴らすしかありません。

 嫌がる少し手前で止めて、ご褒美をあげる(オヤツなど)。これを少しずつ繰り返してください。

 

 大事な事は結果を急いで、失敗させないことです。ワンちゃんのしつけは失敗させないことが大事です。また咬むワンちゃんにさせないように、甘噛みでも遊びで手をおもちゃ代わりにしてはいけません。

以下 作成中