ごはんについて

ドライフード

人の家庭の食卓について、とやかく言うのは気が引けますが、当院の考え方について書かせて頂きたいと思います。参考までに

 

ごはん、いわゆるドッグフードやキャットフードには業界内で、そもそもランクがあります。

 

1kg千円程度のプレミアムフード

1kg5百円以下のB級フードです。

 

どちらが良いのかは、当然プレミアムフードです。これは長期間にわたり健康を保つために良い原材料を使い、添加物は最低限にしてあります。

ところが、B級フードは値段さながらの原材料を使う事しかできません。それでもワンちゃん・ネコちゃんが食べるのは味付けを濃くしてあるからです。またフードは本来茶色です。これは加熱殺菌するときに茶色になるからです。カラフルなフードは着色料が使われています。原材料の色ではありません。そしてワンちゃん・ネコちゃんは食べ物にカラフルさを求めていません。カラフルさは飼主様の気を引こうとしているだけで動物の事を考えていません。

カラフルなドライフード

 ここまで話すと多くの飼主様は「では、どこのメーカーのフードが良いのか」と聞かれます。個人的にはヒルズやロイヤルカナンなどの大きくて、獣医師と繋がっている会社のフードをお勧めしています。ヒルズは数年前に中国産の小麦の中に不純物を入れられて、そのフードを食べたワンちゃんが亡くなるという事件を起こしましたが、それだけに「2度目はない」という事で逆に信頼できると思っています。

 但し、現在は様々なメーカーから色々なコンセプトのフードが出ていますので、結局は飼い主様が自分が良いと思う製品を選べば良いと思っています。

 

 また手作りフードに関しては中々栄養バランスが難しいところもあるので、ドライフードと半々でやるのをお勧めしています。

 

それからワンちゃん・ネコちゃんがゴハンの食べが悪い時に、ついつい他のメーカーのゴハンをあげてしまいますよね。私たちも毎日カレーライスでは飽きてしまいますから。

しかし、本来ワンちゃん・ネコちゃんはゴハンに飽きるという事はありません。大昔、エジプトで猫が誕生した時に、猫が倉庫のネズミを食べるのに飽きてしまっては、猫は餓死するしかありません。

 つまり食べ物に飽きるというのは贅沢病なのです。ですから、食べが悪いからと言ってしょっちゅうフードを変えると贅沢病がどんどん深刻化してしまいます。これの何が悪いかというと、いざ病気になって食欲が落ちた時に何も食べないという状態になってしまうという事です。是非、気を付けてください。